日本経済振興協同組合

お問合せ
受け入れ実績
ホーム > 受け入れ実績

受入れ実績

「受入れのきっかけ」
人手不足で悩んでいるころ、地元の技能実習生受入の監理団体から営業の電話があり、実習生を受け入れることにした。

「受入れのきっかけ」
仕事に対して細やかな気遣いが足りないことがある。国民性の違いかもしれないが、仕事に対して、過信しすぎてミスをするケースがある。
仕事に対して、予想以上に頑張ってくれる実習生もおり、社内では、ずっといてほしいという声もある。
  

「受入れのきっかけ」
以前、インドネシア人実習生を雇用していたので、日本人の求人を出すとともに、再度、外国人技能実習生を受け入れすることを検討していました。
 しばらくして、日本経済振興協同組合の営業マンから電話があり、受け入れの費用や条件を聞き(面接は現地で行うことなど)、ベトナム人技能実習生2名の受け入れを決めました。

「受入れのきっかけ」
最初は、コミュニケーションが十分に取れないことがありましたが、自社の社員や管理組合社員(通訳)のサポートを受けて、現在(1年6月経過)は、日本人社員と同等に仕事を行っています。
  

「受入れのきっかけ」
当社の「いちご栽培」作業で人手が足らず、外国人技能実習生の受け入れの検討をしていました。
 知り合いの紹介で、他県の外国人技能実習生受入監理組合から技能実習生制度の内容は聞いていました。
 日本経済振興協同組合からベトナム人技能実習生2名の受入を決めた理由は、管理組合が近いこと、受入費用(コスト)が安いことが主な理由です。また、ベトナム人通訳が2名常勤しているので、わからないことは直接通訳に連絡することができるので、安心です。

「受入れのきっかけ」
当社の地域は、冬は寒く、温暖な国(ベトナム)の実習生が耐えられるかどうか心配していました。現在まで、病気することもなく、無遅刻・無欠勤で働いており、大変助かっています。
  

「受入れのきっかけ」
日本人の求人を出していましたが、良い人が見つからず困っていました。
 後日、日本経済振興協同組合の営業マンから電話があり、外国人技能実習生制度の内容について説明を受けました。
 建設現場で外国人実習生が働いている状況は確認していたので、自社の社員や家族と検討し、ベトナム実習生2名を受け入れすることを決めました。
「受入れのきっかけ」
実習生の寮が無いので心配していましたが、営業マンから会社の近くにあるアパートを紹介してもらい、大変助かりました。
 また、ベトナム人の通訳者が2名いるので、実習生からの疑問や病院への付き添いなど、すぐに対応してもらっており助かっています。
  
ページトップへ
スタッフブログ
スタッフ&実習生紹介
当組合について
組合の取り組み
制度&受入れの流れ
サポートについて
日本経済振興協同組合チャンネル
お問合せ style=
ランドビル株式会社
大柿産業
コンセプト制度&受入れの流れサポート体制受け入れ実績企業様の声会社案内スタッフ&実習生紹介動画集ブログお問合せプライバシーポリシー
日本経済振興協同組合
「本部」 広島県江田島市大柿町飛渡瀬4249-1 TEL:0823-57-5255 FAX:0823-57-5226
「支部」 広島県広島市中区東平塚町4-12ブルーシャトウビル1F TEL:080-5986-8066 FAX:082-545-9254